絵手紙を中心に、水彩画、切り絵などの趣味。思い出、出来事、大切にしたい物などを、マイ ペースで、書き込んでいます。 どうぞ、遊びに来てくださいな!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
さるぼぼ
2008年06月07日 (土) | 編集 |
sarubobo ninngyou

さるぼぼ

大きさは、7センチ位の人形
民芸店で、買った物です。

sarubobo.jpg

さるぼぼ・・・[さるのあかちゃん] の意味だそうです。

昔、残り布などで、子供用の人形として、
母親や祖母が作っていたそうです。
赤い布は、病を予防すると言われ、使われはじめたとか。。

顔がないのは、作る母親たちに気負がなかったようで、
子供の遊び人形なので、顔を想像させて遊ぶようです。

さるぼぼで、遊んでいる子供達には、
泣いてる顔、笑ってる顔・・・どんな顔に見えるのでしょう・・・?


にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
ランキング参加中、クリックお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
奈良町の身代わり猿
奈良市奈良町の家の軒先に赤いぬいぐるみがぶら下がっています。
これは、「庚申(こうしん)さん」のお使いの申を型どったお守りで、魔除けを意味し、家の中に災難が入ってこないように吊るしているそうです。
災いを代わりに受けてくださることから「身代り申」とよばれています。
「身代り申」のルーツは敦煌にあり、シルクロードを通って奈良にきたのではないかと注目されています。
中国では猿は悪魔退散のお守りと考えられて、三蔵法師も旅の道中のお守りに申のぬ いぐるみを馬の鞍につけていったといわれています。
奈良町資料館HPより
2008/06/07(土) 17:03:53 | URL | 銭無のとっつあん #-[ 編集]
お~ッ!これぞ「さるぼぼ」
早速 「さるぼぼ」を投稿して下さり有難うございました
本来 顔はのっぺらぼうなのですね
赤い顔は 魔よけの赤、、と
ちゃんと意味があるんですね
布で出来ていて 袋も掛けていて可愛い!(*^_^*)
目玉親父のさるぼぼやキティちゃんのさるぼぼとか
何でも有り!^_^;
2008/06/08(日) 18:47:29 | URL | チビ太 #JWKp21SM[ 編集]
>銭無のとっつあん さんへ

色々な、慣わしや、縁起物があるんですね~!
お猿さんも、いろいろな所に顔や姿を現して、
役に立っているのですね。
孫悟空も、お猿さんでしたよね!
2008/06/08(日) 21:28:37 | URL | めぐみん #-[ 編集]
>チビ太さんへ

顔がないのを、不思議に思っていましたが、
今回、調べてみて初めて、理由が解りました。

いろんな、さるぼぼが、あるのですね。
私は、この「さるぼぼ」しか、知らなかったので・・・。
2008/06/08(日) 21:34:09 | URL | めぐみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック