絵手紙を中心に、水彩画、切り絵などの趣味。思い出、出来事、大切にしたい物などを、マイ ペースで、書き込んでいます。 どうぞ、遊びに来てくださいな!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
梅干の里帰り。。。
2010年08月16日 (月) | 編集 |
この夏、私が手づくりした(人生2度目の挑戦)梅干を、
小梅を頂いた友人宅と、私の実家へ梅干の里帰り をさせました。
umebosi end  2010 006
瓶干しで仕上げた瓶干し梅干は、瓶詰めに!

umebosi end  2010 002
ザル干しで仕上げたザル干し梅干は、カップに!

umebosi end  2010 001
包装紙に「めぐの梅」「恵の梅」と手描きラベルを貼って仕上げました!


実家の母は、血圧が高めなので、減塩の梅干は、大歓迎!
友人のお母さんには、「梅干づくり合格」を頂きましたよ! 
今年、合格を頂いて、来年もまた、小梅が頂けそうで~す!  
                        (ニヤリ・・ウフフ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生きがいへ
にほんブログ村
ランキング参加中・応援クリックお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
本当に美味しそうなめぐの梅干し、きっと喜ばれますネ。
ご苦労が、報われることでしょう。

塩分の調節もできるのも良いですね。

ところで、関東では、ミンミンゼミが鳴き始めましたか。
こちらは、まだ、ジージー、シャカシャカのアブラゼミ、クマゼミが元気に啼いています。(夏真っ盛り)

早く、ツクツクホウシやミーンミーンが聞こえるようになって欲しいです。(秋の兆し)

先日の夜、カナカナカナとヒグラシを聞きましたが、まだ秋は遠いようです。
2010/08/17(火) 08:44:35 | URL | 銭無のとっつあん #-[ 編集]
手描きラベル
何時も素晴らしいアイディアに感心しています。
ちょっとした心遣いは大切ですよね。本当に勉強になります。

結婚当初、おばさんの隣に住んでいたので
教えていただき2回くらい作りましたが、引っ越しと同時に梅干し作りともお別れです。
梅干し瓶干し? そんな作り方もあるんですか?
里帰り梅干しさん、里先で喜ばれているんでしょうね。
2010/08/17(火) 10:49:30 | URL | ☆萬華鏡☆ #Dj3FGJNU[ 編集]
銭無のとっつあん さんへ
こんばんは^^
この梅干しは、塩分8%ですが、充分に塩気を感じます。

先日、初宮参りで新幹線、新富士駅前に降り立つと、
数本の木全体に、セミ止まっているようで、話し声を消す程に鳴いていました。

今年の我が家の庭は、セミの鳴き声が少ないです。
小さなコオロギの姿を見かけますが、鳴き声は、まだです!

今日も、暑かったぁ~! 秋の涼しさが待ち遠しいです!
2010/08/17(火) 21:35:56 | URL | めぐ   #-[ 編集]
☆萬華鏡☆さんへ
こんばんは^^
たまたま、手元にあった佃煮のカップなんですが、
中身を開け移して、梅干を入れ、手描きラベルで貼りかえました。

私も梅干暦(?)2回目、同じですね!(笑)
瓶干しは、初めて知りましたが、ザルが要らないので・・
是非、試してみて下さい! 柔らかジューシーな仕上がりです。
2010/08/17(火) 21:46:01 | URL | めぐ   #-[ 編集]
こんばんは

v-308合格!
梅干を作った人しか苦労が解らないですね。
苦労してできた物、努力してできた物、そして合格!何とも言えない・・・良い響きです。
一手間加えての瓶詰め、流石ですね。
きっと、来年はたっぷり梅が届くんじゃない。
2010/08/17(火) 23:10:04 | URL | ぽんきち #-[ 編集]
ぽんきち さんへ
こんばんは^^
手づくりは、難しさあり、楽しさあり、いとおしさが出てきますね!
我ながら、上出来だと、自画自賛!! エヘヘ!v-411v-426

自分で作った物は、安心安全ですね! 減塩なので、体にやさしいですよ。
2010/08/18(水) 20:07:50 | URL | めぐ   #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック