絵手紙を中心に、水彩画、切り絵などの趣味。思い出、出来事、大切にしたい物などを、マイ ペースで、書き込んでいます。 どうぞ、遊びに来てくださいな!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
ドクダミ
2010年07月01日 (木) | 編集 |
dokudami615.jpg
「しずかに、・・そして、輝く・・・」
葉っぱと背景の彩色を、遊んで見ましたぁ~! 


ドクダミの花の時期も過ぎて、裏庭には、ポツリ・ポツリ!
隣家の庭のドクダミも、いつの間にか、刈り取られていました。

絵手紙を始める前は、暗いイメージの植物だったのですが、
絵手紙に描くために、何度となく、手にしては、見つめたり、

鎌倉の陶器店で、一輪挿しに生けられたドクダミを見てからは、
この花が、控え目で、清楚な植物へと、私のイメージが変わりました。


にほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ
にほんブログ村
ランキング参加中・応援クリックお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは

「イメージ!」
とても大切ですね。
考え方、見方、一つで暗くもなるし明るくもなる。
仕事も嫌だと思うと辛いけど、考え方を変えるだけで、楽しくなります。
私もいつもポジティブなイメージをもって過ごしています。



2010/07/01(木) 22:54:30 | URL | ぽんきち #-[ 編集]
ぽんきち さんへ
人それぞれ、性格、状況が違えば、考え方、見方も違って・・・
物事も見る角度が違えば、色々な、考えになりますね~!
ポジティブなイメージ・・・私も見習いましょう~!v-221v-411
2010/07/02(金) 19:39:14 | URL | めぐ   #-[ 編集]
変わった色の使い方も素敵ですね
先日樹脂粘土でどくだみを作りました~~見てね
花の感じがかわいいです
2010/07/02(金) 21:10:31 | URL | natutubakimini #-[ 編集]
「ドクダミ」という名前が何か悪いイメージをつくってしまっているのですが、奥ゆかしく清楚なこの白い花、日陰でも、本当に輝いて見えるときがあります。

この花には、引き寄せられる時があります。
ただ、傍に行って、「なんだ、ドクダミか」となってしまいます。

でも、やっぱり、魅力的に輝いているのですネ。
2010/07/02(金) 22:02:07 | URL | 銭無のとっつあん #-[ 編集]
natutubakimini さんへ
こんばんは^^
見ました! 見ましたよぉ~! そっくり! そっくり~! 
樹脂粘土・・・私も、やって見たい物の一つなんですよ。

紙粘土で作った、ふくろう・猫など、お蔵入りがあるんです。
色塗りしていないので、全~部、白ふくろ・白猫なんです! アハハ!
2010/07/02(金) 22:12:13 | URL | めぐ   #-[ 編集]
銭無のとっつあん さんへ
こんばんは^^
あのニオイが無かったら・・・別な名前があったでしょうね!?

イメージが変わってからは、きれいなドクダミを見つけると、
花瓶に生けて、鎌倉の時の印象を思い出したりしています。

ドクダミ茶を作ってみたいと、思うのですが、
中々、綺麗な場所のドクダミがなくて・・・(場所を選びますね)
2010/07/02(金) 22:20:58 | URL | めぐ   #-[ 編集]
ドクダミ
ドクダミは絵手紙でよくみかけます。私もドクダミとゴシキドクダミを描いてみました。可愛くて好きなんですが、めぐさんのような描きかたは初めてです。経験豊富だからいろんな発想があるんですね。

2010/07/04(日) 20:25:42 | URL | しーちゃん #-[ 編集]
しーちゃん さんへ
ドクダミは、何度か描いていますので、自分の好きな角度や、姿に見てしまい、
どうしても、同じような絵(構図)になってしまうんです!
で、背景を塗りつぶしたりして、変化させて楽しんでます。
時々、思うように出来ずに、お蔵入りも出てきますよ! v-393
2010/07/04(日) 21:20:47 | URL | めぐ   #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック