絵手紙を中心に、水彩画、切り絵などの趣味。思い出、出来事、大切にしたい物などを、マイ ペースで、書き込んでいます。 どうぞ、遊びに来てくださいな!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
丸い置時計
2009年10月05日 (月) | 編集 |
okidokei.jpg
  「なつかし 時」
結婚し、家を出て行った息子の部屋を片付けていると、
息子の押入れから出てきた、丸い置時計です。

okidokei fudeire
それから、机の引き出しからは、ウルトラマンの筆箱が、
その中には、小さくなった色えんぴつが12本。
1本、1本に、ひらがなで、名前が書いてあります。
その字は、私の筆跡でした。

なつかしい・・・・・・・そして・・・

時が流れています・・・・・・。。。


にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
ランキング参加中、クリックお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんにちは^^
亡き父が私の保育園から中学までの
絵や通信簿などを保管しておいてくれてました.....
私も同じように子供二人の小さいときから
中学までの主な物を保管しています^^
我が家の宝物です^^

タイムスリップしているかのように楽しめます^^
私は小学生から中学まで通信簿には「落着きがない」と書かれていました^^
今も変わりがないですねー......



2009/10/06(火) 12:26:53 | URL | 薄雪草 #-[ 編集]
薄雪草さんへ
私は、子供が生まれたときから、アルバムを3冊を用意し、
気に入った写真は、焼き増しして、それぞれに、貼って・・
3冊(娘、息子、私達夫婦)に、貼っていました。
結婚したら、持たせるつもりで、その時々のコメント入りです。

昔のは、フエルアルバムで、かさ張ってしまったので、
娘と息子の2冊は、剥がしてコンパクトなアルバムに入れ直し、
二人に、持たせましたが、私達のは、そのまま、フエルアルバム。

結婚が決まった時には、引っ張り出し、1枚1枚、懐かしく見てしまいました。
2009/10/06(火) 15:18:03 | URL | めぐみん #-[ 編集]
「光陰矢のごとし」時の経つのは早いです。

でも、こうすると時間を止めたり、逆回転させられるのですネ。

なんか、そんなゆとりもなく時が流れています。
2009/10/06(火) 15:27:46 | URL | 銭無のとっつあん #-[ 編集]
あれ???途中でコメント消えちゃったのでまたコメント書きます
我が家にも押入れ タンスに 子供の小さい頃の作品やおもちゃが沢山あります
捨てるに捨てられず貯まる一方です

目ざまし時計も色鉛筆もまだまだ現役で使えるね

ゴーヤ種茶は ゴーヤレシピで使った時出る種をそのまま乾燥させます
種の周りにワタがついていてもオッケーです
乾燥した種を熱湯注いで飲むだけです
と 種を捨てるのももったいないでしょうと知人に聞いたんです が効能は???
2009/10/06(火) 15:34:38 | URL | なお #-[ 編集]
銭無のとっつあん さんへ
> 「光陰矢のごとし」時の経つのは早いです。

我が子の子育て中は、無我夢中で・・・・・
孫が来て、ふと、「我が子の時は・・・? 」と、思い出せない時も・・・

部屋を片付けながら、「こんな時もあったのかと・・・」
出てきた物を見ては、過ぎ去った時を感じますね!
2009/10/06(火) 23:03:16 | URL | めぐみん #-[ 編集]
なお さんへ
> あれ???途中でコメント消えちゃったのでまたコメント書きますあらら、どうしたのかしらね?

> 目ざまし時計も色鉛筆もまだまだ現役で使えるね電池を入れたら動いたので、私が使うことにしました。
自分の色鉛筆、孫のと、数があるのですが、捨てられませんでした。
  (残すことで、子の存在を確認してるのかなぁ~???)

> 種の周りにワタがついていてもオッケーです市販のゴーヤ茶を飲んでいました。健康にいいそうですよ。
あの赤いワタが、効きそうですね。来年は、たっぷり、つくりますよぉ~!
2009/10/06(火) 23:13:23 | URL | めぐみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック